2001/02/05

 

 

鎌倉の大仏

鎌倉の大仏

 あまりに有名な鎌倉の大仏です。建長4年(1252)に造られ、当時は金箔が貼られ、大仏殿の中に納まっていましたが、明応4年(1495)の津波によって堂が倒潰して露座になり、今日に至っています。最近の発掘調査では当時の大仏殿の礎石などが確認されています。この上品上生の阿弥陀如来は、浄土宗の光明寺のもと奥の院であった、大異山高徳院清浄泉寺の今も御本尊です。
 鎌倉のシンボル的な存在で、身長(坐長)は11.31メートル、お顔の長さは2.35メートル、目の長さは1.00メートル、口の幅は0.82メートル、総重量121,000s、螺髪は656個と云われております。因みに奈良の大仏は16メートルとされています。

 

戻る  総目次  TOP