2001/11/30

鎌倉の窓

 

晩秋の英勝寺

晩秋の英勝寺

 岩船地蔵堂から鎌倉駅に向かって歩き、踏切りを越えたところに鎌倉唯一の尼寺英勝寺があります。開基の英勝院は太田道灌から数えて四代の孫康資の娘です。お勝の方と呼ばれて徳川家康に仕え、水戸家初代徳川頼房の養母をつとめ、家康の死後に出家をして英勝院と号しました。
  家光から祖先の太田道灌の土地だったこの地を賜り、水戸家初代の息女・玉峯清因を開山として英勝寺を建てたものです。英勝院の死後に光圀によって祀堂が建てられ、その光圀も訪れています。この写真の左手灯籠の奥に祀堂があります。このために水戸家ゆかりの寺として、代々水戸家の姫君が住職をつとめました。
  晩秋で木々の葉が落ちていますので、本堂がよく望めます。一時、人手に渡っていた山門が最近買い戻され、目下再建のための努力がなされています。

 

戻る  総目次  TOP