200407



鎌倉の窓



光明寺 内藤家墓地

光明寺 内藤家墓地

 光明寺の奥に日向延岡藩主内藤家と陸奥湯長井領主内藤家の墓所があります。この両家の墓所はもとは江戸霊厳寺にありましたが、本家筋の磐城平藩三代内藤義概(よしむね)が位牌堂や墓石などを光明寺に移しました。現在では宝篋印塔をはじめ200基ほどの石塔石像燈籠群が並んでいます。特に江戸時代の宝篋印塔を知るには良いところで、後期に入ってくると宝篋印塔と五輪塔の意識が崩れてきたことが知られます。普段は公開されていません。

 

サムネイル表示へ戻る

鎌倉の窓 目次一覧へ  矢島俯仰のページへ