200407



鎌倉の窓



光明寺網引地蔵尊

光明寺網引地蔵尊

 光明寺本堂横にお祀りされている石造の地蔵尊で、正中2年(1325)の銘があります。後醍醐天皇の時代という方が判りやすいでしょうか。同じ網引地蔵と呼ばれる地蔵尊が浄光明寺の裏山にもお祀りされています。
 鎌倉には地蔵尊が多くお祀りされていて、瑞泉寺の「どこもく地蔵」や浄光明寺の「矢拾地蔵」、頼朝の娘、大姫の守り本尊と伝えられる「岩船地蔵」などなどその伝えられている由緒も興味深いものばかりです。

 

サムネイル表示へ戻る

鎌倉の窓 目次一覧へ  矢島俯仰のページへ